校正を自分でやる方法とは?

校正を自分でやる方法とは?

校正を自分でやる方法とは?

2021/08/28

校正とは、文章の誤字や脱字などを正しく修正することをいいます。
文章は書いてそのまま出すのではなく、校正をしてより精度の高いものを完成させます。
では具体的に校正はどのようにやればいいのでしょうか?
そこで今回は、校正を自分でやる方法についてご紹介します。

時間を空けておこなう

文章が完成してからすぐ校正するのではなく、時間を空けてからおこないましょう。
文章ができてすぐにやると、客観的にチェックするのが難しいからです。
半日から1日程度空ければ、客観的に自分の文章を見つめることができますよ。

校正するポイントを確認する

ただなんとなく文章を確認するのではなく、校正するポイントをしっかり押さえておくことが大切です。
ポイントを押さえておけば、意識しながら作業できるのでミスを見つけやすくなり、作業効率もアップします。
校正するポイントは下記があります。
・誤字脱字
・誤変換
・表記の統一
・固有名詞の正誤
・正しい日本語であるか
これらのポイントを意識しながら確認するようにしましょう。

声に出して読む

完成した文章を声に出して読めば、よりミスに気づきやすくなります。
また、文章のテンポを確認することもできます。
音読のように大きな声を出す必要はなく、自分の声が聞き取れるくらいのボリュームで読みましょう。

まとめ

今回は、校正を自分でやる方法についてご紹介しました。
校正は文章を作成するうえで欠かせない作業なので、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてくださいね。
また、当社では少部数から自費出版をおこなっております。
大手出版社との違いとして、基本的に出来た原稿のチェックはお客様ご自身で行って頂いておりますので、
高額な校閲費用は発生しません。
また校正に関して、やり直しされたい場合は2回目まで追加料金なくやり直し可能となっております。
本を出したいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。