自分史・自叙伝をハードカバーで一冊から。ダブルの上製本『自分出版』。

Doubleの上製本

お客様相談窓口(平日9:00~18:00)0359186163 FAX:03-5916-1415(24時間受付)
お問い合わせメールフォーム
facebook
facebook

本の話

「改頁」と「改丁」
2019年11月1日

 

本を作る時、「章が変わるところは、改頁にしますか、改丁にしますか」と聞かれることがあります。改頁(かいぺーじ)とは、文字通り、次のページから新しい章を始めることです。新しい章は、右側のページから始まることもあり、左側のページから始まることもあります。

 

改丁(かいちょう)の「丁」とは、一枚の紙のことを指します。改丁とは、新しい章を新しい紙で始めるということです。すなわち、一般的な縦書き・右綴じの本の場合、見開きの左側から新しい章が始まります。こちらのページ番号は必ず奇数ですので、改丁すると、新しい章は奇数ページから始まることになります。もし、前の章が左側のページで終わった場合、次のページ、すなわち右側の偶数ページは空白にします。

 

縦書き・右綴じの本を開いた時、右側のページは、綴じられている中心部分に向かって丸くなります。読み進めるうちに、だんだん読みにくくなってきますので、ページを持つ手に力を入れて軽く引っ張ったり、持つ場所を変えたり、首を曲げて視点を変えたりしなくてはなりません。対して、左側のページは安定していて読みやすいので、こちらをスタートのページにしたほうが、読者にも親切というものですね。
図や写真と、その解説をセットにした本などの場合は、改丁よりも改頁にして、見開きでまとめて情報が飛び込んでくるようにしたほうが良い場合も、もちろんあります。

 

ちなみに、横書き・左綴じの本の場合、上述のことがすべて逆になります。右側が奇数ページで、改丁の場合は新章は右側から始まります。

 

Doubleの上製本

ご相談・見積依頼はこちら 0359186163
本の話
「改頁」と「改丁」
2019年11月1日

 

本を作る時、「章が変わるところは、改頁にしますか、改丁にしますか」と聞かれることがあります。改頁(かいぺーじ)とは、文字通り、次のページから新しい章を始めることです。新しい章は、右側のページから始まることもあり、左側のページから始まることもあります。

 

改丁(かいちょう)の「丁」とは、一枚の紙のことを指します。改丁とは、新しい章を新しい紙で始めるということです。すなわち、一般的な縦書き・右綴じの本の場合、見開きの左側から新しい章が始まります。こちらのページ番号は必ず奇数ですので、改丁すると、新しい章は奇数ページから始まることになります。もし、前の章が左側のページで終わった場合、次のページ、すなわち右側の偶数ページは空白にします。

 

縦書き・右綴じの本を開いた時、右側のページは、綴じられている中心部分に向かって丸くなります。読み進めるうちに、だんだん読みにくくなってきますので、ページを持つ手に力を入れて軽く引っ張ったり、持つ場所を変えたり、首を曲げて視点を変えたりしなくてはなりません。対して、左側のページは安定していて読みやすいので、こちらをスタートのページにしたほうが、読者にも親切というものですね。
図や写真と、その解説をセットにした本などの場合は、改丁よりも改頁にして、見開きでまとめて情報が飛び込んでくるようにしたほうが良い場合も、もちろんあります。

 

ちなみに、横書き・左綴じの本の場合、上述のことがすべて逆になります。右側が奇数ページで、改丁の場合は新章は右側から始まります。

 

「相談したい」「電話で見積依頼したい」という方、お気軽にお問い合わせください。
0359186163
FAX:0359161415(24時間受付)
お問い合わせメールフォーム
上製本作りがはじめての方でも安心!印刷のプロが丁寧にお答え致します。
オーダーメイド価格表
ベテラン職人が心を込めて作ります。まずはお気軽にご相談ください

トップへ

トップへ

Doubleの上製本
クリアファイル小ロット印刷のダブル
株式会社ダブル
〒174-0056 東京都板橋区志村1-18-15
TEL:03-5918-6163 FAX:03-5916-1415
Copyright © 株式会社ダブル
All rights reserved.