完全データ不要で「失敗しない」自費出版について

完全データ不要、ワードのベタ打ちでOK

完全データ不要で「失敗しない」自費出版を可能にするプロの技術

自費出版の最大のハードルと言われるデータづくりは、プロにお任せください。ワードや一太郎を使用したベタ打ち原稿、手書き原稿をご入稿いただくだけで、読みやすく品格のある1冊へと仕上げてまいります。「完全データ不要が選ぶ決め手になった」「想像以上の完成度でびっくりした」という多くのお声を頂戴しております。こちらでは、違いを生み出すプロの技術を幾つかご紹介いたします。

読み手に親切な「ルビ」を振る

読みにくい漢字に「ルビ」を振るのは読者にとって親切なことです。一般的な書籍においては、ルビのフォントサイズとして対象とする文字の半分にするのが基本ですが、ワードや一太郎といったテキストエディタツールにおいて個人でふりがなを付ける作業は時間と労力がかかります。文字組みのプロフェッショナルにお任せいただければ、お好きな場所に、お好みのサイズでルビを振り、読みやすく体裁の良い仕上がりをお届けいたします。


文字を取る・詰める・次ページの送り

パソコンで原稿を作ったものの、「なんだか読みにくい」という経験をされたことはありませんか。読みやすい本に仕上げていくためには、版面に文字をどのように配置するかという「紙面設計」が重要です。文字の間隔や行間の設計、文字を取る・詰める、次ページへの送りといった作業をプロが行い、言葉や文章が持つ力やメッセージが読み手にダイレクトに伝わるようにしてまいりますので、安心してお任せください。


「柱」や「ノンブル」をふさわしく配置

「柱」とは、各ページにおいて紙面の余白に表記する書名・章名・節名といった見出しや、コーナータイトルを指しています。「ノンブル」は、各ページの順序を示すページ番号のことで、ほとんどの場合に紙面の下部に表記します。それぞれを適切な位置に配置することによって、文字と余白のバランスが整い、ストレスなく読める本へ仕上がりますが、こちらにもプロのノウハウが十分に活かされます。


紙面から伝わってくる全体的な品格が魅力です

「原稿は完成したものの、文字組みやレイアウトについてはよくわからない」とお困りの方が多いかもしれません。自費出版をするにあたってお困りの事や面倒な作業は全てお任せください。経験豊富な技術者が版面や写真・図版、段組み、キャプションから余白まで、全ての要素を考慮し丁寧に仕上げていくため、紙面から伝わってくる全体的な品格が違います。完全データ不要で「失敗しない」自費出版サービスの魅力をぜひご体験ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。