カバー・表紙の作成方法について

カバー・表紙の作り方

こだわりのカバー・表紙があなたの本を一層魅力的に

数え切れないほどの書籍が並んでいる書店に行った人が各書籍の表紙を見る時間は、平均で1秒にも満たないと言われています。その中でできるだけ多くの人の関心・興味を引き付けるため、著者の方々は表紙やカバーに工夫を凝らしています。
自費出版においても、表紙やカバーのデザイン、紙質、色にこだわり、「読み手にインパクトや洗練されたイメージを与えたい」という方が増えています。そのようなニーズに応えるべく、多彩なサービスでお手伝いするJIBUN出版をぜひご利用ください。

カバー・表紙を作る方法について

「失敗しない」自費出版をサポートしているJIBUN出版では、カバー・表紙の作成に関する多彩なプランをご用意しております。
ご自身でデータを作る場合、当社作成のデザインをベースにする場合、写真やイラストの素材のみをご用意いただく場合、プロのデザイナーに依頼する場合といったプランからお選びいただけます。こちらでは、それぞれの特長をご紹介しております。

お客様ご自身でデータをお作りになる場合

パソコンで使用できる様々なソフトウェアで、デザインのデータを作成し、メールでお送りいただけます。

当社作成のデザインからお選びいただく場合

「水色を使って空のようなイメージにしたい」「太陽を入れて明るい雰囲気を出したい」といった細かなイメージをお伝えいただけましたら、株式会社ダブルが蓄積してきた膨大なデータやサンプルの中からご提案いたします。
デザイン担当者とのやり取りの中で、色や書体を変更したり、写真の差し替えをしたりと、理想的なイメージに近づけていくことができます。

お客様ご自身で写真やイラストの素材をご準備いただく場合

写真・イラストなど、お客様が表紙やカバーに採用したい素材を提供していただけましたら、タイトル・著者名を入れて仕上げます。手書きの場合には、別途スキャニング料金がかかりますので、詳細はお問い合わせください。

JIBUN出版のデザイナーに制作を依頼される場合

「既成のデザインではなく、自分の個性を表現したい」「カバーでインパクトを与えたい!」といった一人ひとりの想いを形にいたします。​​​​​​​これまでに数え切れないほどのお客様の自費出版をバックアップしてきたJIBUN出版なら、ご満足いただけるオリジナルデザインをご提案いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。