自分史を執筆する目的とは?執筆前に必要な準備

自分史を執筆する目的とは?執筆前に必要な準備

自分史を執筆する目的とは?執筆前に必要な準備

2021/10/15

自分史を執筆することのメリットや目的、書く際の準備について紹介します。

自分史を執筆する目的について

自分史を執筆する目的は、一般的に自分自身の半生を振り返るためです。
自分の半生を振り返ることで自分を客観視し、家族や友人とのつながりを感じたり、将来について考えたりするきっかけになります。
また、自分史を執筆して残すことで、家族や孫の代まで読んでもらえることも魅力だといえるでしょう。

自分史を執筆する際の準備

自分史を執筆する際には、必要な道具を準備しましょう。

ノート

自分の人生を振り返り、どのような流れで自分史を書くのかをまとめます。
年表や、年齢ごとに起こったことを箇条書きにしておくと、パソコンで打ち込む際に作業しやすいでしょう。

メモ用紙

ノートが手元にないときに、思いついたことをメモしておきます。
ノートに貼れるよう、付箋を使用するのもおすすめです。

写真

自分史に載せたい写真をピックアップします。
子供の頃の写真や、自分史を執筆するうえで必要な両親、兄弟・姉妹の写真などです。
ただし、友人や知人、家族の写真を使用する場合には本人に許可をもらいしょう。

まとめ

自分史を執筆することで自分の人生を振り返ることで、家族、友人に対して改めて感謝できることもあります。
また、周囲の人に自分史を読んでもらうことで、自分の人生を理解してもらい、絆を深めることにもつながるでしょう。
自分史を自費出版したい場合は、サポートが充実している株式会社ダブルをご利用ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。