フォントの形とサイズについて

フォント(文字)の形とサイズ

フォントを賢く選んで読者にイメージ通りの印象を

日常生活において本を読んだり、広告を目にしたり、パソコンやスマートフォンでウェブサイトを閲覧したりする際に、フォント、つまり「書体」を気にすることはないかもしれません。しかし、文章だけでメッセージを伝える場合には、書体が少し異なるだけで読むときの印象がガラッと変わります。
こちらでは、それぞれのフォントの特長についてご紹介しており、「失敗しない」自費出版の参考にしていただきたいと願っています。

明朝体について

横線に対して縦線のほうが太く、横線の右端や曲がり角の右肩に「ウロコ」と呼ばれる三角形の山がある書体です。「払い」や「はね」が顕著に表現されており、代表的なものとしては、MS明朝、リュウミン、ヒラギノ明朝体などがあります。
通常は書籍の本文に使用されますが、MS明朝、游明朝Lightなどの種類によっては線が細く、印字した際に薄く感じることがありますので、注意が必要です。

ゴシック体について

横線と縦線がほぼ同じ大きさで、ウロコがない書体です。強弱や動きの少ないフォントとして、落ち着きや親近感といった印象を受けやすいとされています。
MSゴシック、丸ゴシック、平成ゴシック体といった種類が代表的で、見出しや強調したい箇所で使用されるのが一般的です。

その他のフォント

フォントによっては印象を大きく変えることができるため、装丁のタイトルには明朝体やゴシック体以外の特殊なフォントを使用して、力強さや洗練されたイメージを持たせる場合もあります。​​​​​​​「失敗しない」自費出版サービスにおいてお選びいただけるフォントについては、対応フォント一覧ページをご覧ください。

フォントサイズについて

ワードをはじめとするワープロソフトでは、10.5~12ポイント程度の大きさがデフォルトになっているようですが、書籍の本文で12ポイントを使用しますと、文字が大きすぎて読みにくくなります。
JIBUN出版ではそのような点を考慮し、約9ポイントの「小サイズ」、約10ポイントの「中サイズ」、約11ポイントの「大サイズ」からお選びいただいております。
もちろん、それ以外のサイズにも対応しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。