画集の作り方について

画集の作り方

JIBUN出版は簡単なステップで高品質な画集を出版できるようお手伝いいたします

絵画やイラストなどの絵をまとめた書籍を「画集」と呼びます。趣味や特技、サークル活動などで絵を描いてきた方が、書籍にして綺麗な状態で保存したり、さらに活動の場を広げていくために出版して配布したりと、様々な目的で画集の自費出版を検討される方が増えています。
こちらでは、画集を制作するための様々な方法について説明しております。

手描きで原画を作る場合

失敗しないJIBUN出版では、お客様の原画または原画のデータを拝見いたしまして、お客様の指示に従ってレイアウトを調節いたします。
原画の縦横比により制限がございますが、その中で最良のレイアウトをいたします。

完全データで作る場合

PDF等でご入稿の場合には、弊社で加工・補正を加えることは出来ません。
印刷はデータ通りの色調で印刷されますが、デジカメやスマホで撮影されたデータは光の3原色がベースのRGBデータです。印刷は色の三原色がベースのYMCデータであるために、RGB→YMCのデータ変換の過程で色調の変化が生じ、仕上がりが予想と違うことがあります。
許容範囲であることもございますが、仕上がりに強くこだわりがございましたら、まずは弊社担当にご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。