カバー、帯、PP加工の説明について

カバー、帯、PP加工の説明

カバー・帯について

カバーは、本の外側に表紙を覆うように巻きます。本来は表紙、本の保護目的ですが、一番外側に巻かれるので、本のイメージにあったデザインをフルカラーで印刷します。
コート紙を使うので非常に発色が良く、カラー写真の印刷もキレイに再現されます。
印刷保護のため、表面にPP加工をします。
また、コート紙以外の用紙を使用し、その風合いを生かすデザインも可能です。この場合はPP加工をしません。
帯は、カバーの外側、下部に巻かれます。本の内容紹介や、読まれた方の感想などを印刷します。
本来は書店での販売促進用のものですが、私家版でも、帯を巻くことでぐっと書籍らしさがアップいたします。
基本的に、カバーと同じ紙、同じPP加工となります。

PP加工について

PP加工の説明

PP加工は、印刷面の保護のため、カバー・帯の印刷表面にごく薄いPP(ポリプロピレン)の膜を貼る加工です。カバーを付けない場合は表紙にPP加工をすることをおすすめします。
PP加工は、光沢があり、印刷の発色が良くなるグロスPPと、光沢が無く、落ち着いた表情になるマットPPの2種からお選びいただけます。


耐久性と高級感を高めるPP加工とは

ポリプロピレン加工では、印刷用紙の表面に透明のフィルムを圧着することにより、表紙をコーティングして保護します。
ラミネート加工の一種として高級感や耐久性をアップさせることができるだけでなく、外観も美しく、本格的な1冊へと仕上げることができます。
なお、PP加工に向いていない種類もございますので、詳しくお知りになりたい方はお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。