本のサイズの説明 | 東京都板橋区 志村坂上駅【株式会社ダブル】

本のサイズの説明

本の内容や用途によって魅力的な1冊を完成させる本のサイズについて詳しくご紹介しております。

JIBUN出版が対応できる「版」の大きさについてご説明いたします。本は、内容によってふさわしいサイズがあり、一般的に写真集や画集、絵本は写真や図版を中心とするためにサイズが大きくなり、文字を中心にした小説や自分史などは小さくなります。JIBUN出版では、縦型は下記に掲載している全てのサイズ、横型は最大A5サイズまで対応しております。詳しくお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

A4判 297×210(mm)

カタログや週刊誌、社内報や写真集、地図、楽譜、作品集といったジャンルに向いています。A4の横型についてはご相談ください。

B5判 257×182(mm)

一般的な事典や技術書、雑誌や週刊誌、教科書として用いられているサイズです。

A5判 210×148(mm)

学術書や専門書、教科書でよく目にするサイズで、絵本にも利用できます。

四六判 188×128(mm)

日本国内独自の規格で、B6判より少し大きめのサイズです。市販されている単行本、文芸書ではこのサイズが圧倒的に多いです。

B6判 182×128(mm)

自分史や小説、エッセイ集、句集や歌集といった一般書籍を自費出版される方から選ばれています。

新書判 179×105(mm)

日本では岩波新書が最初に採用したことからその名が付けられました。B6判よりもやや小型で扱いやすいサイズです。

文庫(A6)判 148×105(mm)

文庫本でハンドブックなどで一般的に用いられているサイズです。

サイズを選ぶ際にご留意いただきたい点について

ハードカバーは、表紙が本文より大きくなるため、完成後のサイズは縦横ともに6mm程度大きくなります。
ソフトカバーの横型は、縦型の書籍と同じ料金になります。希望によりサイズのカバーが付かない場合があります。変形サイズも対応可能ですので、別途ご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。