自費出版は簡単で身近な物へと変化している

自費出版は簡単で身近な物へと変化している

自費出版は簡単で身近な物へと変化している

2021/08/01

今回は、簡単な自費出版の魅力や変化について見ていきましょう。

出版方法について

本の出版方法には、大きく分けて「自費出版」、「商業出版」、「共同出版」、「電子出版」の4つの方法があります。

自費出版

自費出版とは、著者自身が出版にかかる費用を全て負担する出版方法です。
費用は掛かりますが、他の出版方法とは違い、出版社に管理されることなく、自分の好きなように本を完成させることができます。

商業出版

商業出版とは、出版社が出版や制作、広告にかかる費用を全て負担する出版方法です。
出版社が著者に数百万円~1千万円近く投資する訳なので、売れる見込み前提での書籍づくりとなります。

共同出版

共同出版とは、出版にかかる費用を著者と出版社が、互いに負担しあう出版方法です。
基本的には、初版本にかかる費用は著者が負担し、そのあとの流通については出版社のルートで販売されます。

電子出版

電子出版とは、文字・画像情報を編集し、デジタルデータにて出版する方法です。
書店には置けないので、売るのが難しいというデメリットがあります。

簡単に夢が叶う自費出版へと変化している

自費出版は、費用を負担するという面ではデメリットを感じるかもしれませんが、表現の自由度に制限がほぼなく、イメージした通りの本を完成させることができます。
また、自費出版と言えば、以前までは数百万円から一千万円以上の費用がかかるのが当たり前でしたが、最近では、IT技術の発達により、数万円~数十万円程で本の出版を請け負う業者が増えています。
簡単に夢がかなう自費出版は、これからの時代のニーズに合ったサービスの一つになることでしょう。

まとめ

以前までは、本を出版したくても、費用の高さに躊躇する方が多かった自費出版ですが、時代と共に身近な存在へと変化しています。
JIBUN出版では、あなたにしか作れない唯一無二の上製本を、3冊から必要な数量だけ作ることができます。
自費出版をお考えのお客様を、本制作のプロ集団が全力でサポートいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。