自費出版の流れについて

自費出版の流れについて

自費出版の流れについて

2021/07/28

今回は、自費出版の流れについてご紹介していきます。

自費出版の流れについて

一般的な自費出版の流れは、以下の順番で進んでいきます。
①申し込み
②打ち合わせ
③初校出し
④初校校正
⑤その他校正
⑥校正終了
⑦印刷・製本
⑧納品
(※出版会社によって、多少の違いはあります)
それでは、順番に沿って内容を確認していきましょう。

申し込み

電話やメールなどで、出版会社に申込みをしましょう。

打ち合わせ

どのような本を出版したいのか、内容や本のサイズ、表紙と帯のデザインなどを決めていきます。

初校出し

打ち合わせで決まった内容(原稿)に沿って、印刷会社が作成したデザインや文章などが、お客様の手元に届きます。

初校校正

お客様が、初校出しで受け取った文章に間違いがないかをチェックします。

その他校正

初校校正によって修正した内容を、さらに確認していきます。
また、カバー・表紙・帯 などのデザインを決定させます。

校正終了

内容に問題が無いか、最終的な確認作業をします。

印刷・製本

印刷し、オーダーに沿って製本されます。

納品

本が完成し、納品になります。

まとめ

校正の作業は、何度も繰り返しておこなうことで、満足のいく仕上がりに近づいていきますよ。
JIBUN出版では、お客様の理想とする1冊が完成できるよう、徹底的にサポートいたします。
どんな些細なご質問やご要望にも、丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください。
万が一、仕上がりにご満足いただけない場合には、費用を全額お返しいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。