本の印刷方法について

本の印刷方法について

本の印刷方法について

2021/07/25

今回は、本の印刷方法にはどのような種類があるのか見ていきましょう。

本の印刷方法

本を作る際の印刷方法は、大きく分けて、「オフセット印刷」と、「オンデマンド印刷」の2つの種類があります。

オフセット印刷

オフセット印刷は、印刷イメージが作られている版と紙が、直接触れない印刷方法になります。
版についたインキを、ブランケットと呼ばれるローラーに転写した後、印刷用紙に写します。
本の印刷や、写真集の印刷など、さまざまな用途で利用され、とてもきれいに印刷できる為、現代の代表的な印刷方式となっています。
オフセット印刷には、「枚葉機」と、「輪転機」があり、用途に合わせて使用されています。

・枚葉機
枚葉機は、1枚ずつにカットされた紙を印刷機に通す方式になります。
チラシやパンフレット、ポスターやカタログなどの印刷に使用されます。

・輪転機
輪転機は、高速度で大量生産が可能な印刷方式になります。
新聞や折り込みチラシ、フリーペーパーなどの印刷に使用されます。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷は、レーザープリントのことで、データを読み取り次第、素早く印刷がおこなわれるので、無駄な費用や時間がかかりません。
オンデマンド(On demand)は、「要求・必要に応じて」という意味で、その意味合い通り、急いでたくさん印刷したい時にも対応できますし、必要によっては1枚の印刷にも対応します。

まとめ

オフセット印刷は、精細な画像を再現したい時に、オンデマンド印刷はスピーディーに印刷したい時に向いていますね。
JIBUN出版では、最新の印刷機を導入し、スピーディーで美しい仕上がり実現できる高品質のオンデマンド印刷を行っております。
少部数はもちろんのこと、大部数にも対応致します。
書き溜めた文章の書籍化に関するご相談も、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。