並製本のメリットは?

コラム

並製本のメリットは?

2020/05/01

 

ダブルのJIBUN出版、オススメはもちろん上製本ですが、並製本も受け付けております。
並製本とは、文庫本や参考書、コミックス、雑誌などによく使われる製本で、ソフトカバーやペーパーバックとも呼ばれるものです。

 

上製本は接着剤で綴じますが、並製本は接着剤のほか、針金や糸を使うこともあります。
綴じ方は何種類かあり、本の内容やページ数によって決まります。

 

また、表紙は、上製本では土台になる丈夫な紙「芯紙」に別の紙を巻いて作りますが、並製本の表紙は厚めの一枚紙で本体と同じサイズです。
背表紙は必ず角背( https://double.tokyo/column/detail/20180717000005/ )になります。

 

並製本のメリットには、以下のようなものがあります。
・軽量なので、持ち運びやすい
・開きやすいので、ソファーやベッドなどでリラックスしながら読みやすい
・納期が早い
・コストパフォーマンスが高い

 

デメリットとしては、「表紙が一枚紙なので折れやすい」「長期保存に向かない」ということを挙げる人もいますが、本好きな人ならソフトカバーの本も大事に扱うことでしょう。また、上質な紙を使えば、一枚紙でもじゅうぶんな強度が期待できます。

 

ダブルの並製本は、上製本と同じように「おまかせコース」「こだわりコース」があります。ご注文は10冊から受け付けておりますので、大部数の制作を考えている場合は、並製本も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

並製本の制作事例はこちらでご覧いただけます

高校の先生がご自身の資料等を本にされた事例。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。