本の部分名称について

本の部分名称

書籍の部分を構成する各部分の名称を覚えてスムーズな自費出版を

自費出版をお考えの場合には、本の製作に必要なそれぞれの名称・用語を理解することで、頭の中で完成形をイメージしやすくなります。こちらでは、覚えておくと役立つ名称を幾つかピックアップしてご紹介いたします。

カバー

書籍の表紙外側に巻く紙のことを指しています。製本におけるソフトカバー・ハードカバーとは意味が異なりますのでご注意ください。
カバーを付ける場合には、最初に目に留まる箇所となるため、内容に合わせて訴求力のあるデザイン、カラーを選択することが重要です。


そで

表紙の裏側へ折り返して全体を包み込むカバーの折り返し部分のことです。この部分を活用して著者をご紹介したり、内容の概略を書いたりする場合もあります。


販売促進を目的として表紙に巻くもので、書店で店頭に平置きされているような書籍には、ほとんどの場合に帯が巻かれています。著名人からの推薦メッセージや、本の内容を要約したキャッチコピーを載せます。


ノド

本を見開きにした際の綴じ部分を指します。読みやすさをお求めになる場合は、この部分の余白を適切に設定することが大切です。


見返し

表紙と中身の間にあり、それぞれを繋ぐ役目を果たしています。表紙を開いてまず目に入る部分のため、カラーやデザインが重要であり、ここに図版を印刷することもできます。


スピン

背の上端にのり付けし、本の中に折り込まれます。栞ひもやリボンとも呼ばれます。ページ数の多い書籍にスピンを入れることでどこまで読んだかを忘れることがなくなるため、読者に親切な設計となります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。